ニュースと出版物
雇用者はリストラした人員に対しどの様に経済補償を行うか?
2014-06-18 発表者:

  雇用者が労働契約法第四十一条第一項の規定に基づき労働契約を解除した場合、つまり企業破産法の規定に基づき建て直しを行う状況下でリストラを行った場合、経済補償金を支払う義務がある。


  しかし中国労働省が1994年に発布した「労働契約の違反及び解除による経済補償弁法」では、雇用者が経済性のリストラを行った場合は、どのような情況でもリストラした人員に経済補償金を支払わなければならないと規定している。


  雇用者はリストラされた人員がその組織で勤務した年数に基づき経済補償金を支払う。勤務年数満1年毎に1ヶ月の給与を支払い、また勤務年数が6ヶ月以上1年未満である場合は、1年として計算する。6ヶ月未満である場合は、半月分の給与を経済補償金として支払う。


  リストラされた人員の月収が雇用者の所在直轄市、区を設けている市級人民政府が公布する本地区前年度労働者平均月収の3倍を上回っていた場合は、前記の従業員平均月収の3倍を経済補償金の計算基準とし、また経済補償金の支払い年数は12年を超過してはならない。


  月収とはリストラされた人員が労働契約解除または終止前に取得した12ヶ月の平均給与を言う。


  雇用者は、規定に基づかず、リストラした人員に経済補償金を支払わなかった場合、補償金を全額支払うほかに、経済補償金額の50%分を新たに定額外に支払わなければならない。
 

 


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin