ニュースと出版物
華誠の動向丨華誠が代理したArmaniブランド商標権行使事件にて300万元の賠償を獲得し、「馳名商標」に認定
2020-01-15 発表者:华诚小編

Giorgio Armaniは国際的に有名なアパレルブランドであり、国際アパレル市場で高いステイタスと良好な名声を有していることから、違法な企業や個人模倣の対象となることも多い。2017年初め、華誠はGiorgio Armaniの依頼を受け、北京、深圳、上海などでの商標権行使事件を処理してきた。

最近、深圳市中級人民法院は華誠が代理したGiorgio Armani商標権行使事件に対して一審の民事判決を下し、当方が訴訟上の請求として提示した商標権侵害による300万元の損害賠償請求を支持する判決を下し、華誠のクライアントの合法的な権益を極めて大きな程度で守り、現在この判決はすでに発効した。

この事件で、被告側は訴外楊某と共に深圳市にArmaniの模倣ブランドの洋服店とカフェを開設して、洋服のオーダーメイドサービスを対外に提供し、その行為はGiorgio Armaniブランドの名声に深刻な損害をもたらし、Giorgio Armani社に大きな経済的損失をもたらした。

華誠の代理人弁護士による約3年間のたゆまぬ努力の末、深圳市中級人民法院は、当方が提示した300万元の損害賠償請求を支持しただけでなく、判決においてGiorgio Armaniブランドの「ARMANI」商標は服装の区分では既に著名(中国語:馳名)のレベルに達していると認定した。同時に、楊某は権利侵害行為における責任主体の一つとして、その架空の事実、署名偽造などの行為が刑事犯罪を構成しているため、当方は司法ルートを通じて楊某にも相応の刑事責任を負わせた。

本件の判決結果及び関連侵害主体の処理方式は、中国の司法機関が知的財産権の保護を日々重視し、侵害模倣行為を厳しく取締っていることを反映している。国内外の権利者は積極的に法的手段を取り、自身の知的財産権及びその他の合法的な権益を積極的に維持すべきである。華誠の弁護士も引き続き全力を尽くし、クライアントの知的財産権行使を護衛する。

 


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin