ニュースと出版物
「労働契約法」では、リストラの手続にどの様な規定を定めているか?
2014-06-18 発表者:

  20名以上または20名以下であっても企業従業員の総数の10%以上を占める人数のリストラを行う必要がある場合、雇用者は30日前までに労働者組合か従業員全員にその情況を説明せねばならず、労働者組合または従業員の意見を聴取後にリストラの方案を労働行政部門に報告し、リストラを行う。


  具体的な手続は以下の通りである。
(1)30日前までに労働者組合または従業員全員に情況を説明し、かつ生産経営状況に関する資料を提供する。
(2)リストラの方案を提出する。その内容には、リストラされる従業員のリスト、執行時間および実施の流れ、そして法律規定ならびに集団契約の約定に適合するリストラされる従業員に対する経済補償方法等が含まれる。
(3)リストラの方案は労働者組合または従業員全員の意見を募り、方案の修正や改善を行う。
(4)当地の労働行政部門(企業工商登記機関と同級)にリストラ方案および労働者組合または従業員全員の意見を報告し、労働行政部門の意見を聴取する。
(5)雇用者は正式にリストラの方案を公布し、リストラされる従業員と労働契約の解除手続を行い、関連規定に基づき、リストラされる従業員本人に経済補償金を支払い、リストラ証明書を発行する。

  「労働法」の規定によると、雇用者がリストラを行う場合、リストラする人員の人数に係らず、30日前までに労働者組合または従業員全員にその情況を説明し、労働者組合または従業員全員の意見を聴取し、労働行政部門に報告しなければならない。これに対し、「労働契約法」では、雇用者のリストラ手続に対する要求を緩めており、雇用者がリストラする人員が20名以上であるか、それ以下であっても企業の従業員総数の10%以上を占めている場合に初めて上記規定の手続に基づきリストラが執行されるものとしている。また雇用者がリストラする人員が20名に満たず、従業員総数の10%にも満たない場合、上記規定の手続に基づき執行する必要はない。


  経済性のリストラは期間的に言えば、継続して行うのではなく、一度に行う一時的なリストラであると言える。雇用者は経済性のリストラの規定を避け、経済性のリストラが法定にて認める人数の標準以下にて何度かに分けて従業員を解雇する事も可能である。しかし規定される人数以下でリストラを行う場合、経済性のリストラの実体的な条件により労働契約を解除する事が出来ず、労働契約法第三十八条、第三十九条、第四十条の規定に則ってのみ、個別にて労働契約を解除することが出来る。

 


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin