ニュースと出版物
「労働契約法」によると、雇用者がリストラを行う際、どの様な人員をリストラから外さなければならないか?
2014-06-19 発表者:

  雇用者がリストラを行う際、雇用者と比較的長期の固定期限労働契約を締結した者、雇用者と無固定期限労働契約を締結した者、家族に本人以外に労働者がいない者、老人または未成年の扶養家族がいる者を優先して残すべきである。


  実際の情況に基づくと、経済性のリストラに於ける人数は具体的に決まっておらず、一部の労働者をリストラする際には、どの様な労働者をリストラするかという問題が生じてくる。経済性のリストラは雇用者の要求のみを考慮してはならず、社会的な要素を考慮し、雇用者に対し比較的大きな貢献を行った者や再就職が比較的難しい労働者を優先して保護しなければならない。労働契約法は、経済性のリストラにて優先的にリストラから外さなければならない人員を規定しているが、これは主に労働契約期限と社会の弱者層の保護と言う角度から出発し、優先すべき3種の人員を定めている。その中で、雇用者と比較的長期の固定期限労働契約、または無固定期限労働契約を締結した者については、労働者はこの種の労働契約を締結することで、比較的長期間の就労を予期していることを考慮し、法律は労働者のこの様な予期を保護すべきである。また、家族の中に本人を除き労働者がいない従業員や、老人や未成年の扶養家族がいる従業員も優先して残さなければならない。これは主にこれら労働者の仕事に対する依頼性が非常に強く、彼らの就職が一家庭の基本的な生活の柱となっている為、雇用者の都合で彼らを解雇するのは不当であり、この様な社会の弱者層は法律により保護されなければならない。以上3種の優先的に残すべき労働者については、どの様な者を一番優先しなければならないと言う順序は無く、雇用者は実際の必要性に基づきそれを決定できる。


  雇用者が6ヶ月以内に人員を新たに招へいする場合は、リストラされた人員にもこれを通知し、同等の条件下に於いてはリストラされた人員を優先的に採用しなければならない。


  リストラされた人員に優先就業権を与えることは、主に3つの方面に於いて考慮した結果である。第1に、リストラされた人員は個人的に規律や規定に背いたり、違法行為により労働契約を解除された者ではなく、雇用者の経営に多大な困難が生じた等の情況により、全体的な情勢に従い労働契約が解除された者である。雇用者の生産、経営が正常に回復した後、新たに人員を招へいする場合は、優先的にリストラされた労働者を考慮すべきである。第2に、リストラされた人員は雇用者企業に比較的詳しく、技術も熟練しており、雇用者にとっては完全なる負担ではない事。第3に、雇用者が経済性のリストラを理由に、いつでも労働者をリストラ可能である事態を有効的に防止できる事。また、リストラされた人員の合法的な権利利益のより良い保護を図る為、労働契約法では、リストされた人員が充分慎重に考慮し、速やかに優先就業権を行使できるよう、雇用者にはリストラされた人員に通知しなければならない義務が有ると規定している。


  同時に、労働契約法はリストラされた人員の優先就業権に制限を設けている。すなわち、同等の条件下での優先権を規定している。例えば、リストラされた人員が各方面の条件に於いて他の労働者と明らかな遜色がない場合は、雇用者は優先的にリストラされた人員を招聘しなければならない。
 

 


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin