ニュースと出版物
労働契約法」では、リストラに対する条件にどの様な規定を定めているか?
2014-06-15 発表者:

雇用者が行えるリストラの情況は以下4種に限られている。


(1) 企業破産法の規定により建て直しを行う場合
  企業破産法第二条では、「企業法人が満期の債務の全返済を行えず、且つその資産が全ての債務を返済するに足りないか、明らかに返済能力に欠ける場合、本法の規定により債務の返済を行う。企業法人が前項規定の情況を有し、または明らかに返済能力を喪失する可能性がある場合、本法の規定により建て直しを行う事が出来る。」と規定している。企業破産法の規定によると、以下に述べる3種の状況に於いて、債務者または債権者は、債務者に対する建て直しを裁判所に申請できる。第1の情況は、企業法人が満期の債務を返済できず、且つ資産が全ての債務を返済するにたらない場合、第2には、企業法人が満期の債務を返済できず、且つ返済能力を明らかに欠いている場合、第3は、企業法人が満期の債務を返済できず、且つ明らかに返済能力を喪失している可能性が有る場合である。この他、企業破産法第七十条第二項の規定によれば、債権者が債務者の破産清算を申請する場合、裁判所が破産申請を受理し、債務者の破産を宣告する以前であれば、債務者または出資額が債務者の登録資本金の10%以上を占めている出資者は裁判所に建て直しを申請できる。企業破産法は建て直しの制度を設ける主な目的は、雇用者が企業建て直しの経営方案や、債権の調整と返済方案およびその他企業建て直しに有利な方案が含まれる建て直し計画に基づき、経営を継続しつつ債務を返済し、雇用者が破産清算の手続に踏み込むのを防ぎ、経営に失敗した企業にも建て直しにより復興、再生のチャンスを与える事にある。建て直しの過程に於いて、雇用者は実際の経営状況に基づき経済性のリストラを行うことができる。


(2) 生産、経営に多大な困難が生じた場合
  市場経済に於いて、企業は常に激しい競争を強いられる。市場のニーズに対する判断を誤ったり、対策が偏っていたりすると、企業の生産経営は苦しくなる可能性がある。雇用者の生産経営に大きな困難が発生した場合、雇用者が破産、倒産を迫られる前に様々な方法により自己救済を行うのを許容すべきである。雇用者の生産、経営に大きな困難が生じた場合、人員規模の削減、縮減は比較的有効的な緩和措置であると言え、全体的に見ると、雇用者の労働者群に対しては有利である。しかし、特定の労働者の権利利益に係って来る為、慎重な処理が要される。よって、労働契約法は雇用者が生産、経営に於いて困難を生じた場合、経済性のリストラ措置を取る事を許可しているが、同時に雇用者に対し慎重にリストラと言う手段を採取するよう要求している為、「困難」の前に「多大な」と言う語句を追加した。


(3) 産業転換、重大な技術革新または経営方式の調整が行われ、これに対応した労働契約の変更がされたが、なおリストラを必要とする場合
  生産、経営の過程に於いて、企業は生き残りと更なる発展を求めて、必然的に構造の調整と全体的な機能の優良化を図るが、このような方式は企業の産業転換(従来とは別種の製品を生産する事)や重大な技術革新および経営方式の調整も含む。企業の産業転換、重大な技術革新または経営方式の調整は必ずしも雇用者のリストラを招く原因となる訳ではなく、例えば産業転換を行っている企業であれば、従来の業務部門の従業員を転換後の新たな業務部門に配置する事が出来る。労働者の合法的な権利利益をよりよく保護する為、また同時に雇用者がなるべくリストラを行わなくて良いように、企業が産業転換、重大な技術革新または経営方式の調整を行う場合、労働契約を変更後もなおリストラが必要である場合にのみ経済性のリストラを行えるよう労働契約法は要求している。


(4) その他、労働契約締結時に根拠となった客観的な経済状況に重大な変化が生じた事により、労働契約の履行が不可能になった場合
  実践に於いて、上記に述べた3種の情況以外で、企業が汚染防止の為転居を余儀なくされ、経済性のリストラに迫られる等に挙げられる、客観的な経済状況に変化が生じ経済性のリストラが必要となった場合には、雇用者は経済性のリストラを行える。当規定は労働者利益に深くかかわるため、厳格に解釈されるべきである。
 


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin